補聴器なんでも情報局

補聴器についての総合情報サイトです。補聴器の種類、買い方、使い方等、最新の情報をタイムリーに発信しています。
MENU

難聴の種類

難聴は、感音性難聴、伝音性難聴、混合性難聴の3種類に分けられます。

感音性難聴

 

耳の奥の頭骨の内側にある、内耳より奥の聴神経系の働きが悪くて生じる難聴です。老人性難聴のほとんどがこれです。神経が悪くなっていますので多くの感音性難聴は治療が困難です。ただし、突発性難聴などは早めに治療すれば治ります。人工内耳による治療も行われるようにはなりましたが、まだまだ一般的ではありません。

 

伝音性難聴

 

神経ではなく音の伝わる部分が悪くて聞こえにくくなっているものです。外耳、外耳道、鼓膜、中耳の部分のいずれかが悪くて生じる難聴です。例えば手で耳をふさぐと聞こえにくくなります。これが伝音性難聴です。伝音性は原則的に耳鼻科の治療で治ります。伝音性難聴だと考えられる場合は、耳鼻科をご紹介します。
伝音性難聴は、補聴器から出る音を大きくしさえすれば聞こえやすくなります。感音性に比べれば補聴器を合わせやすい耳です。

 

混合性難聴

 

感音性と伝音性の両方が混合した難聴です。神経も悪いが、伝音部も悪い状態です。伝音部の治療はできますので、治療で幾分は良くなります。

このページの先頭へ